• くま吉とは
  • ひものへのこだわり
  • お客様の声
  • 商品一覧(お買い物)
  • お問い合わせ
HOME >> ひものへのこだわり >> 美味しい召し上がり方

美味しい召し上がり方

干物は七輪で・・・というのは、もう昔の話。今では住宅環境や時間的にむずかしいものです。

魚は「強火の遠火」で焼くのがおいしいと言われています。
それは七輪の炭火で焼くと、いわゆる輻射熱が利用でき、皮はパリッと、中はふっくらとした焼き上がりになるからです。

とはいえ、ご家庭で魚を焼くときに、毎回炭火は難しいですよね。
一般的な家庭用ガスコンロや魚焼きグリルは、火力が強すぎる上に遠火にできにくいため、
理想の「強火の遠火」ではなく、「強火の近火」になってしまいます。
こうなると、皮は一気に焼けますが、中まで火を通すとなると全体的に焼きすぎてしまうことも多いのも事実。

しかし、やはり『くま吉シリーズ』をご家庭で手軽においしく味わっていただきたい!
そこで、皮はパリッと、中はふんわり焼くためのコツをご紹介します!

解凍

くま吉の商品はすべて、作りたてのおいしさをギュッと閉じ込めた冷凍真空パック。
召し上がる分のみ解凍し、あとはそのまま冷凍保存してください。
冷凍のままでも焼けますが、解凍してから焼くことをおすすめします。
解凍の目安は冷蔵庫で約1時間、自然解凍で約20分。
お急ぎの場合は袋のまま水につければ5分ほどで解凍できます。

干物

『くま吉』 鯵の酒醤油干しや、まぐろのはらも醤油干しを、一般の家庭用コンロで焼く場合

  • まず、皮のほうから焼きます。
    皮から焼くことにより、魚のもつ旨みが皮で支えられ、おいしさが逃げにくくなります。
  • 中火で5分ほど、多少焦げ目がついたら返します。
    ※身がくずれやすいのでトング(はさむ調理具)等で返すのをおすすめします。
    この段階で、皮目で焼いた熱で身の半分ほどまで火が通っています。
  • 中火で2分ほど焼き、表面に焦げがつく前に火を止めます。
    返すのは1度だけ。これで身崩れもふせぐことができます。
漬け魚

『くま吉』の粕漬け、西京味噌漬けを一般の家庭用コンロで焼く場合

  • 解凍後、パックから取り出し、魚の表面についている粕や味噌を
    クッキングペーパー等できれいにふき取ります。
  • 中火で7−8分、じっくりと焼きます。表面にこげめがついてきたら魚を返します。
    ※身がくずれやすいのでトング(はさむ調理具)等で返すのをおすすめします。
  • さらに中火で3−4分、ゆっくり焼いてください。
    これでふっくらと焼きあがった、漬け魚が楽しめます。

アルミホイルで包み、グリル等で軽く焦げ目が付くくらいに蒸し焼き風にしても、おいしく召し上がれます。

おいしく焼きあがったら、白米のお供として味わうも格別、日本酒のお供としても相性バッチリ。
本物のおいしさを伝える『くま吉』シリーズを、是非お召し上がりください。

このページのトップへ