• くま吉とは
  • ひものへのこだわり
  • お客様の声
  • 商品一覧(お買い物)
  • お問い合わせ
HOME >> 会社案内

代表あいさつ

代表取締役 深澤寿昭
代表取締役 深澤寿昭

誠実な商いを社訓として

(株)ふかくらは、明治40年、静岡県清水市で創業しました。現在は、水産中卸業者として、駿河湾で獲れる魚や海外から輸入した魚を干物、切り身などの食べやすい形に加工し、地元の顧客を中心に販売しています。
長い歩みの中、当社が変わらずに社訓としてきた言葉があります。それは「商いは誠実さがなくなると干からびる」。企業の価値は“永続”にあります。そのためには、昔からのお客を大切にし、良いものを作り続けることが最善の道です。大量生産、大量販売で目先の利益を追求しても、市場の激しい価格競争に飲み込まれてしまえばやがて品質に影響が及ぶでしょう。それでは誠実な商いとはいえません。企業体として急成長するよりも、お客様、納入業者の方、従業員、ふかくらに関わるすべての人に喜んでいただける良い仕事を続けていく。これが当社の考えです。

人を大事にして良い仕事をする

良い仕事を続けていくためには、従業員が安心して気持ちよく働ける環境が必要です。ふかくらでは、人事の評価制度、残業代を含めた賃金の公平性、有給・半休の休暇制度など待遇面の充実に力を入れています。
平成15年からは、インドネシア人研修生を受け入れ、水産加工の技術を指導していますが、生活習慣や文化のちがいの壁を乗り越え、ふかくらの仲間として仕事に励んでもらえるよう懇親会を開いています。コミュニケーションから生まれる人間関係は、風通しの良い職場を築く上で大切です。また、毎年、経営発表会を行い、正社員からパートタイマー、インドネシア人研修生まですべての従業員を集めて、経営方針や売上状況を仔細に説明しています。内情をオープンにすることで会社の進むべき方向を明確にし、問題点があればみんなで一丸となって解決する。こうした人の輪がふかくらを支えています。

新商品の開発、そして海外進出の夢

ふかくらでは、色々な部署の従業員5〜6名がチームを組み、新商品のアイディアを出しあい、開発をすすめています。味と品質にこだわった干物として好評をいただく「くま吉シリーズ」もここから生まれました。正直、干物業界は、企業体が年々減っていく厳しい状況にあります。その中で夢と自信を持って働くためにも、従業員自身の手による商品開発は大事なことです。
私が抱く将来の夢として、インドネシアに一時加工の工場を立上げたいと考えています。その時は、ふかくらで一生懸命に働いてくれたインドネシア人研修生を指導者として迎えたいと思います。インドネシアの水産業の実態把握、漁業指導など課題はありますが、この夢をいつかかなえるためにも、一日一日の仕事を誠実にこなしていく所存です。

このページのトップへ